読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も夜がきた


f:id:noahcomp3:20170401200553j:image

 ここ二日間雨が降ったが、最低限の外出はできている。外出は五日連続。このまま継続していこう。

 今日の計画が中止になったことをはっきりと伝えてなかったことを反省。

 

 三時頃に寝ただろうか。

 九時半に起きて、いろいろする。

 歩いて水を入れに行く。

 車で昼飯を食いに行く。疲れた。海鮮丼はうまかった。

 

 帰宅して野球を観る。横浜の勝利。阪神と広島の長い試合。巨人のサヨナラ勝ち。

 

 晩飯。風呂。散歩。

 今に至る。

 

 @

 

 どうしたらいいのか、と悩むことがある。

 じぶんはこう思っている気がする、と思う。

 しかし自信がない。

 

 いままでやらなかったことをやることはしんどい。

 なんてやつだと思われることもあるかもしれない。

 今日できても、明日はできないかもしれない。

 

 まあでも、悪くない一日だった気もする。

 

めんどうなおれ

 おれは自分から人を誘ったりって、あんまりしたことがなくて。

 誘うのは勇気が必要だったりして。

 でも意外と、いいよって言ってもらえたりする。

 

 あのひとの体調が悪くなって。

 ほかのひとに、声をかけたけど、なかなかうまくはいきません。

 となるとおれとあのひとたちということになって。

 

 おれは楽しいけれど、あちらは楽しいかしら。

 いらんことを考えすぎている。

 遊びたいなら、遊びたいといえばいいのだ。

 

 @

 

 おれだけでもえーかとはっきり聞いて、はっきりと答えが返ってくるのも怖くて。

 体調の不安もおれにもある。おととい昨日今日とよかったけれど、明日あさってはどうなのだ?

 絶対大丈夫って言える?

 

 多分大丈夫とは言える。

 もっと大丈夫って言えるようになろう。

 動ける日を増やすのだ。続けるのだ。  

 

 コマはまわっているから、安定する。

 まぐろは泳いでいるから生きている。

 そうだ。そういうことなのだ。何がだ。

 

 @

 

 延期なんだから次がある。

 もっと自分の体調に自信を持てるようになるのだ、そのときまでに。

 現在夜中の一時前。サイクリングのおかげか超眠い。

 

 あ、そうそう。

 おれはね、まったくひとのこといえねーんやけども。

 体調が悪いって聞くとやっぱり心配になるね。

 

 明日から野球が始まるぜ。

 おれは野球を観るつもりなのだ。

 また野球の話をしよう。

 

 旧友は電話に出ない。

 おれはあいつにやられたことを、あいつにやってしまった。

 片方の意見だけ信じてもいかん。

 

 調子のいいときに調子のいいことを言った。

 調子のよくないひとには、それがとてもきつかったりするのだ。

 悪気はなかった。悪意はなかった。そのときおれはそう考えていた。

 

 @

 

 今日も恥ずかしいことを書いている。恥ずかしく書いている。

 公開している。削除はしない。後悔もしない。

 書きながら考える。書きながら整理される。書きながら、自分の考えていることが何かを知る。

 

 ごまかしたくない。自分が何を考えているのか。

 何をしたいのか。何がほしい。されたい。言われたい。したくない。言いたい。言われたくない。されたくない。ほしくない。

 嘘じゃなくて、見栄じゃなくて、本心から何がほしい。

 

 書くことは、書きながら考える。

 走り方は、走りながら考える。

 ゲームは、やりながらうまくなる。

 

 説明書を何度読んでも上手にはならない。

 ずいぶんとうまくなった。

 失敗しても死にはしない。

 

 @

 

 今日は楽しかった。今日のおれより今日を楽しんだひとは、なかなかいないのではなかろうか。

 小さな失敗もあった。反省もあった。

 次はもうすこし上手にできるだろう。

 

 ああ、眠い。寝る時間削って書く文章じゃねーぞ。

 でもわりと楽しい。

 おれはこんなことを考えているのか。

 

 しらふなのに眠い。いいことだ。疲れは正義。

 今日のように生きていけば、明日もなんとかなるだろう。

 明日も今日のようになればいいなあ。

 

 しかし雨らしいな。傘をさしたら散歩ぐらいはできるかな。

 雨の日に自転車は楽しめないかな。どうだろう。カッパ着たらいけるんけ。

 アベマでプロレスがあるな。野球もあるな。

 

 横浜の去年の勝率は、約五割であった。

 2回に1回は負ける。それでも、試合が始まるまでは横浜の勝利を信じている。

 野球が始まる。球春到来。スタートベースボール。

 

 明日で3月も最後。そして4月が始まる。

 いいときもあった、わるいときもあった。

 いいこともあった、わるいこともあった。

 

 なんとかなるだろう。なんだかとてもいい気持ち。

 疲れて眠れるっていいなあ。絶対眠れる自信があるもの。

 酒で寝るのとは違うなあ。

 

 自転車も、長財布も、USBも無駄じゃなかった。

 なにひとつ無駄じゃなかった。

 問題なんてなかった。

 

 問題だらけで、どうしようもない現状。そして過去。

 しかし受け入れるのだ。ここからどう動く。

 他人と比べなきゃなんとかなるだろそんなもん。

 

 ひらきなおるんや。

 なんだかさとりをひらけそう。ひらけないけど。

 とりあえずここはいい気持ち。

 

 いま考えていることも、明日になれば忘れているだろう。

 なんだかもったいないので、ここに書いておく。

 きりかえていく。

 

 不安がやわらいできた。脂肪も溶けていくはずだ。

 このままいけばなんとかなる。たまには休んでもいい。

 休みすぎないように。無理をしすぎないように。

 

 たまには無理をして。ちょこちょこ無理をして。

 やったことのないこともする。いったことのない道を選ぶ。

 ひとと比べるんじゃなくて、昨日の自分と比べる。

 

 前を見る。忘れる必要はない。

 日光と運動を忘れずに。好きなことをやる。

 だれよりも楽しんで生きるのだ。

 

 どうしようもないひどいありさま。ずっとこのままではいられまい。

 このありさまを味わうのだ。抜け出してもまたこの穴にはまることもあろう。

 何回やってきたとおもとるねん。

 

 寝る。

 

 

現実逃避は最短経路か

 体を動かしていると、いい感覚がある。

 自分の悪いものが溶けていくような感覚。

 悪いものをため込むのはよくない。自転車に乗れば、歩けば、排出できるのならば、どんどんしようではないか。

 要らないものは要らない。使わないものは捨てる。

 

 3時間ぐらい自転車に乗っていた。

 知らない道を走るのが好きみたいだ。

 行き止まりは日常茶飯事。戻れ戻れ。

 あの道とこの道がこうつながるのかという感動。マッピングの楽しさ。

 

 好きなことをおれは忘れていた。

 またすぐ忘れるだろう。ここに書いても忘れるだろう。

 しかしできるだけすぐに思い出せるように、せめてもの抵抗としてここに書いておこう。

 

 何の役にも立ってないかもしれない。やるべきことをやっていないかもしれない。

 ずっとこのままではあかんのだがいまはこれでいい。

 部屋の中にいても何も解決しない。

 外に出る。

 外に出る楽しみは、外に出ないと気づけない。

 回路が壊れているので、悪いことばかり考える。

 直そう。

 

 とりあえずいまは生きているだけでいい。

 とりあえず今日も死んでねー。

 しかも外出する元気がある。

 3日も連続である。

 いいぞ。このままいきたいぞ。油断はするなよ。

 

 ここ最近は1週間調子よくて1週間最悪というのが交互にやってきている気がする。

 というかそうだ。

 できることは今日。今日生きましたか。生きました。

 今日はこれでよし。それでよし。やれることはいつだってそれだけ。

 

 @

 

 昨日は12時までには寝た。激しめの運動は睡眠にはなかなかいいらしい。

 起きたのは8時半。飯を食ったり着替えたりコーヒーを飲んだりしたあとに、歩いてスーパーへ水を入れに行く。

 脱獄に失敗。

 12時ごろに自転車に乗る。できるだけ山道を選んで走る。バッティングセンターでバッティングをする。カラオケをする。なかなか調子がよかった。帰路も山道を走る。なかなかの運動。

 なんか迷惑メールが来るようになった。めんどくせーな。 

 

 本屋に寄る。立ち読みをする。

 ブルージャイアント。何かに全身全霊をこめて打ち込んでいるっていいな。うらやましいな。おれもまた、何かに夢中になりたいな。いまは音楽と自転車と、散歩とカラオケと。

 嘘喰い。親方かっけーなおい。めっちゃおもしろいんですけど。なんすかこれ。毎日連載しろ。

 リクドウ。ようは力石が死んだわけであるが、まあおもろいおもろい。心をかき乱してくれるいい漫画。特に最近はすごい。

 ミナミの帝王

 週刊プロレス。弁慶が初王座トライアングル。おれは弁慶を応援している。あばらを折った堀口との抗争がはじまる。WWEはテイカーが出てきたりシェインが出てきたりの前夜祭。HHHも出てくる。レスナーはゴーバーと戦い、オートンはアビゲイルを燃やし、ワイアットは遺灰を浴びる。ロリンズも復帰する。戸澤は常連となり、中邑アスカは昇格も秒読み。イタミヒデオはまだか。

 Gスピリッツ。WAR、天龍、石川、小鹿。60年代からプロレスにかかわっている奴ら。ジジイのプロレスラーの、若いころの写真をみるのが好きだ。

 

 帰宅する。

 洗い物をする。

 自分で自分を追い込むな、を読む。ええ本や。抑圧はいけない。ため込んではいけない。とかせ。

 

 ブログ書き始めて今に至る。

 

こいつら

 これはひとりごとである。

 

 こいつらはよく似ていた。みため、性格、趣味だとかそういうのではなくて、しかし、よく似ていた。

 不器用であった。手先の話ではない。生き方とでも言おうか。ほかのひとたちがあたりまえのようにやることを、やることができないのであった。割り切るべきものを割り切れず、開き直るべきものに開き直れないのであった。

 なんとなく、という考え方ができないのだった。答えを求めていた。恥ずかしい表現をするならば真理とでもいうものを求めていた。救いを求めていた。歪んでいた。ばかだった。

 

 ただ生きることが許されないと思っていた。どのように生きていくべきか。生きるべきか死ぬべきか。そんなことばかり考えていた。大きな問題を見ていた。足元を見る余裕はなかった。

 

 すべておれの妄想かもしれない。

 足元は見たほうがいい。

 

 なんとなく生きていけるときもあった。しかし、その大きな問題は隙をみて入りこんでくる。

 考えたくて考えているわけではない。しかし、とりつかれたようにそのことを考えている。ごまかすことができない。偽善は悪よりも悪であるなどと考える。

 これからも付き合っていくことになるだろう。なあなあにしたい。ごまかしたい。しかし、まだ当分は無理そうだ。しかし、いつの日にか。解決を。

 

 純粋でなければならないなんて考えている。100%でなければ。

 そんなことはできるはずもなく。手を抜くことを覚えよう。完璧にできなくても、まったく価値がないということにはならない。

ギアをいちばん軽くして

 さっきまで自転車に乗っていた。山を走っていた。

 急な坂道を見つけてのぼる。ギアをいちばん軽くする。平地ではとても使えない軽さのギア。のぼりきったとき、なかなか嬉しい。達成感。登山ってこんな感じなのだろうか。これも一応登山だろうか。

 坂道をのぼりきると、次はくだることになる。こがなくても加速して、Gがかかる。それだけが、存在証明。

 

 @

 

 家からそう遠くないところにある知らない道を走る。曲がった先は行き止まりだったりする。戻ればいい。坂道の上には墓があるだけだったりする。下りればいい。舗装されていないみちだったりする。自転車から降りて歩けばいい。

 難しく考えすぎないようにしたい。失敗してもいい。ひとつの失敗ですべてが否定されるわけではない。存在しないものを恐れるな。架空の敵を作るな。ひどい目に合う前に苦しむな。

 わざわざ自分で作らなくても、そのへんに転がっています。つまづいたりします。

 

 @

 

 今日もそれなりに動けるのである。

 寝たのは12時、起きたのは9時。

 起きて飯を食い着替えたりしたのち、スーパーまで歩く。水を入れる。往復40分。

 プロレスを3時間観る。久しぶりに観た。プロレス観られるぐらい元気だということかしら。おもろかった。今の時期がいちばんおもろいのよ毎年ね。油がのってるからね。魚か。あれなんすよ、一年で一番大きな大会の直前なんですよ。プロレスウィーク。

 いま窓を開けたら猫と目が合って話しかけられた。こんばんは。やるものはないぞ。

 

 @

 

 またスーパーまで歩く。スティックのコーヒーを買う。今日はいい天気だ。

 ゲームをする。水族館とギャングのたまり場で稼ぐ。

 自転車に乗る。坂道をのぼる。

 帰宅する。

 CDをパソコンに入れる。

 飯を食う。

 ブログを書く。

 今に至る。

 

 @

 

夜の中雨の中のお散歩

 さっきまで音楽を聴きながら散歩をしていた。雨が降っていたので、傘を差しながら。少しだけ。

 

 音楽と日光と、栄養と運動を。

 この4つを、なんとか続けていきたいものだ。

 

 今日はできたよ。徹夜のせいもあってとても眠たいよ。

 明日のことはわかりません。でも、今日は合格です。

 明日も、よくやったなって思える夜が来るといいな。そんなはるか未来のことなんてなんもわからんけどさ。

 

f:id:noahcomp3:20170328205629j:plain

自分の顔を書きました

 

昼寝をしたら台無しだが、眠いしどうしようかと考えた。

普段あんまり使わないペンタブで自分の顔を書いてみようと思った。

書いた。こんな感じ。

 

f:id:noahcomp3:20170328184314j:plain

f:id:noahcomp3:20170328184348j:plain

f:id:noahcomp3:20170328184406j:plain

f:id:noahcomp3:20170328184446j:plain

f:id:noahcomp3:20170328184457j:plain

f:id:noahcomp3:20170328184505j:plain

おわり。