0211 失恋ばんざい

 火曜日にふられた。信じられないようなふられかたをした。

 水曜も木曜も金曜もずっと寝ていた。

 おれは後悔していた。

 

 悪癖は隠しきれるものではない。

 完全になくしてしまわないと、最悪の場面で露見する。

 

 アレがなくても続かなかっただろう。

 おれはずいぶんと無理をしていた。

 もっとふりまわされたかったけれど、すごく疲れてもいた。

 きっと、これでよかったのだろう。これしかなかったのだろう。

 

 また、はじめからはじめなければならぬ。

 

f:id:noahcomp3:20170211145614j:plain

 

 ずっと寝ていてわかったことは、ずっと寝ていてもなにも楽しくないということ。

 

 以前のブログは消した。ツイッターも消した。後悔している。しかし、このままいこう。

 

 おれは言うことを聞きすぎていたのだろうか。重かっただろうか。おれは去年逆の立場だったのではなかったのか。なぜ気づくことができなかったのか。

 あれさえなければおれはもっとどうどうと。

 

 苦しいし悲しいが、最悪の時期は乗り越えてしまった気がする。

 また元気になるしかない。いつだっていまからやり直すしかない。後ろ向きにしか理解できないが、前向きにしか生きられない。

 

 生活リズムの改善と維持。運動。昼寝をしない。

 めちゃくちゃな生活。しかし、はじめてではない。なんどもここからまともな生活に戻してきたのだ。

 

 あんなに好きだったのだから、別れて落ち込むのはあたりまえなのだ。あたりまえのことをあたりまえに受け入れる。そしていまから、なにをするかを考える。

 前向きでもなんでもない。いま、どうするか。これしかないのだ。