今度のがNO.1だろ

 このブログはひとつの記事につき約500文字にしている。250文字ぐらいのところで写真を入れている。意味は特にない。

 

 思考の癖というものはだれにでもあるだろうしおれにもある。おれの場合は「失ったものは最良である」だとか「今回のが最後のチャンスだった」だとかマイナスなものが多いと思う。悪い癖はつぶしていきたい。プチプチ。

 「失ったものは最良である」というのはどういうことかというと、たとえば「別れた女の子より素敵な女の子とはもう出会えない」ということである。「辞めてしまった職場よりいい職場が見つかることはもうない」ということである。

f:id:noahcomp3:20170213193859j:plain

 「今回のが最後のチャンスだった」というのもほとんどおなじである。失ったものは最良であり、もうおれには二度とこんなチャンスはやってこないのだという謎の確信。

 しかしそれは間違っている。間違っていなければならない。おれは失われたものよりも最良のものを探し、最後の次のチャンスを探さねばならない。見つかれば、失われたものは最良ではなく、最後のチャンスでもなかったことが証明できるはずだ。

 証明するには、証明できるものがたくさんあるほうがいいだろう。たくさん探そうと思う。

 

 ツイッターで50文字書くよりもブログで500文字書く方が楽なのはなんでだろうか。短い方がちゃんとした文章にしなきゃとか思っているんかな。完。