めんどうなおれ

 おれは自分から人を誘ったりって、あんまりしたことがなくて。

 誘うのは勇気が必要だったりして。

 でも意外と、いいよって言ってもらえたりする。

 

 あのひとの体調が悪くなって。

 ほかのひとに、声をかけたけど、なかなかうまくはいきません。

 となるとおれとあのひとたちということになって。

 

 おれは楽しいけれど、あちらは楽しいかしら。

 いらんことを考えすぎている。

 遊びたいなら、遊びたいといえばいいのだ。

 

 @

 

 おれだけでもえーかとはっきり聞いて、はっきりと答えが返ってくるのも怖くて。

 体調の不安もおれにもある。おととい昨日今日とよかったけれど、明日あさってはどうなのだ?

 絶対大丈夫って言える?

 

 多分大丈夫とは言える。

 もっと大丈夫って言えるようになろう。

 動ける日を増やすのだ。続けるのだ。  

 

 コマはまわっているから、安定する。

 まぐろは泳いでいるから生きている。

 そうだ。そういうことなのだ。何がだ。

 

 @

 

 延期なんだから次がある。

 もっと自分の体調に自信を持てるようになるのだ、そのときまでに。

 現在夜中の一時前。サイクリングのおかげか超眠い。

 

 あ、そうそう。

 おれはね、まったくひとのこといえねーんやけども。

 体調が悪いって聞くとやっぱり心配になるね。

 

 明日から野球が始まるぜ。

 おれは野球を観るつもりなのだ。

 また野球の話をしよう。

 

 旧友は電話に出ない。

 おれはあいつにやられたことを、あいつにやってしまった。

 片方の意見だけ信じてもいかん。

 

 調子のいいときに調子のいいことを言った。

 調子のよくないひとには、それがとてもきつかったりするのだ。

 悪気はなかった。悪意はなかった。そのときおれはそう考えていた。

 

 @

 

 今日も恥ずかしいことを書いている。恥ずかしく書いている。

 公開している。削除はしない。後悔もしない。

 書きながら考える。書きながら整理される。書きながら、自分の考えていることが何かを知る。

 

 ごまかしたくない。自分が何を考えているのか。

 何をしたいのか。何がほしい。されたい。言われたい。したくない。言いたい。言われたくない。されたくない。ほしくない。

 嘘じゃなくて、見栄じゃなくて、本心から何がほしい。

 

 書くことは、書きながら考える。

 走り方は、走りながら考える。

 ゲームは、やりながらうまくなる。

 

 説明書を何度読んでも上手にはならない。

 ずいぶんとうまくなった。

 失敗しても死にはしない。

 

 @

 

 今日は楽しかった。今日のおれより今日を楽しんだひとは、なかなかいないのではなかろうか。

 小さな失敗もあった。反省もあった。

 次はもうすこし上手にできるだろう。

 

 ああ、眠い。寝る時間削って書く文章じゃねーぞ。

 でもわりと楽しい。

 おれはこんなことを考えているのか。

 

 しらふなのに眠い。いいことだ。疲れは正義。

 今日のように生きていけば、明日もなんとかなるだろう。

 明日も今日のようになればいいなあ。

 

 しかし雨らしいな。傘をさしたら散歩ぐらいはできるかな。

 雨の日に自転車は楽しめないかな。どうだろう。カッパ着たらいけるんけ。

 アベマでプロレスがあるな。野球もあるな。

 

 横浜の去年の勝率は、約五割であった。

 2回に1回は負ける。それでも、試合が始まるまでは横浜の勝利を信じている。

 野球が始まる。球春到来。スタートベースボール。

 

 明日で3月も最後。そして4月が始まる。

 いいときもあった、わるいときもあった。

 いいこともあった、わるいこともあった。

 

 なんとかなるだろう。なんだかとてもいい気持ち。

 疲れて眠れるっていいなあ。絶対眠れる自信があるもの。

 酒で寝るのとは違うなあ。

 

 自転車も、長財布も、USBも無駄じゃなかった。

 なにひとつ無駄じゃなかった。

 問題なんてなかった。

 

 問題だらけで、どうしようもない現状。そして過去。

 しかし受け入れるのだ。ここからどう動く。

 他人と比べなきゃなんとかなるだろそんなもん。

 

 ひらきなおるんや。

 なんだかさとりをひらけそう。ひらけないけど。

 とりあえずここはいい気持ち。

 

 いま考えていることも、明日になれば忘れているだろう。

 なんだかもったいないので、ここに書いておく。

 きりかえていく。

 

 不安がやわらいできた。脂肪も溶けていくはずだ。

 このままいけばなんとかなる。たまには休んでもいい。

 休みすぎないように。無理をしすぎないように。

 

 たまには無理をして。ちょこちょこ無理をして。

 やったことのないこともする。いったことのない道を選ぶ。

 ひとと比べるんじゃなくて、昨日の自分と比べる。

 

 前を見る。忘れる必要はない。

 日光と運動を忘れずに。好きなことをやる。

 だれよりも楽しんで生きるのだ。

 

 どうしようもないひどいありさま。ずっとこのままではいられまい。

 このありさまを味わうのだ。抜け出してもまたこの穴にはまることもあろう。

 何回やってきたとおもとるねん。

 

 寝る。